記事詳細

ノートルダム寺院から絵画10点以上回収 文化相「炎から守られた」

 大火災が起きたパリのノートルダム寺院(大聖堂)で19日、寺院内に残されていた巨大絵画を運び出す作業が行われた。仏メディアによると、絵画は10点以上で、主に17世紀の作品。リーステール文化相は「炎から守られた」と記者団に述べた。同日中に絵画を「安全な場所」に移すとしている。

 火災当時、キリストが十字架にかけられた時にかぶっていたとされる聖遺物「いばらの冠」や、13世紀のルイ9世が着ていたとされる衣装など貴重品は次々と保護されたが、一部の絵画は大きすぎるため運び出せず、19日に作業が行われた。(共同)