記事詳細

記載漏れ2億円超、堺市長が辞職願を提出 「これ以上、市政を混乱させられない」

 2億円を超える政治資金の記載漏れが発覚した堺市の竹山修身市長が22日、「これ以上、市政を混乱させられない」として、4月30日付の辞職願を市議会議長に提出した。市選挙管理委員会によると議長から辞職の通知を受けてから50日以内に市長選が実施される。

 竹山氏は後援会などの政治資金収支報告書に多数の誤りが発覚し、これまで修正を繰り返していた。修正総額は2億3000万円を超え、市議会は23日の議員総会に竹山氏を呼んで追及する方針だった。

 大阪維新の会に対抗して竹山氏に中立または与党的な立場をとっていた市議会の公明党と自民党、旧民進党系議員らが所属する「ソレイユ堺」の3会派は22日午前、議員総会で竹山氏が説明責任を果たせなければ辞職を求める方針を表明、「市民の信頼を得られる状況ではなくなった」として竹山氏を突き放した格好となった。

 これまで竹山氏は「私的流用はない」として辞職を否定してきたが、記載漏れが多額のため、検察などの強制捜査を求める声が高まっている。