記事詳細

五輪中の横田基地共用化、在日米軍が協力姿勢

 来年の東京五輪・パラリンピックに合わせた在日米軍横田基地(東京都福生市など)を軍民共用化が現実味を帯びてきた。在日米軍のクリストファー・マホーニー副司令官が、米政府が具体的な計画を承認すれば全面的に協力する考えを示したのだ。

 「現時点で何も決まっていないが、われわれとしてはサポートしたい」

 マホーニー氏は22日、日本側の軍民共用化に関する要求を米政府で精査し、承認する手続きがあることを説明したうえで、こう語った。報道各社の取材に語った。

 大会期間中は、来日する選手団や観戦者らで成田、羽田両空港が大混雑することが予想され、日本政府から共用化を望む声が上がっていた。