記事詳細

『宮古島から弾薬撤去』の異常事態 「南西諸島に部隊配備=抑止力確保」の理解を 防衛問題研究家・桜林美佐氏 (2/2ページ)

 ここは大陸から太平洋への要衝であり、中国艦船の出現やスクランブルが頻発している。「日本の領土だ」と理解してもらうためにも軍の存在は有効だ。ケンカを売るのではなく、鍵もかけなかった玄関の戸締まりをして、表札をかけるようなものと言っていい。

 最近、沖縄への米軍や自衛隊の集中は「差別」だとする一部の論調が目に余るが、部隊配備は安全保障上の必要性からなされている。「ミサイル部隊」というと、北朝鮮のミサイルなど他国を攻撃する弾道ミサイル的なものを想像する人もいるようだが、わが国のはまったく違う。

 宮古島では早速、非難の言葉を浴びせられた隊員もいるようだが、自衛官は「平和の使途」であると自信を持って活動してもらいたい。

関連ニュース