記事詳細

金正恩氏とプーチン氏が初会談 非核化、北への人道支援など協議

 ロシア訪問中の北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は25日、極東ウラジオストクで、ウラジーミル・プーチン大統領と初の首脳会談を行った。

 2月の米朝首脳会談決裂を受け、今後の非核化交渉の進め方や朝鮮半島の平和体制構築について意見交換。北朝鮮への人道支援も協議する見通しだ。

 プーチン氏は会談冒頭、対米関係の正常化に向けた正恩氏の努力を歓迎した。正恩氏は「世界が注目する朝鮮半島問題について評価し、ともに調整していく上で意味がある」と述べた。

 首脳会談はルースキー島の極東連邦大で開催。単独会談に続き、閣僚を交えた拡大会合などが予定されている。

 北朝鮮最高指導者のロシア訪問は金正日(キム・ジョンイル)総書記による2011年8月以来、約8年ぶり。正恩体制では初めて。

 正恩氏としては、ロシアから一方的な核放棄には応じられないとする立場への支持を取り付け、対米交渉の後ろ盾としたい考えとみられる。

 一方、ロシアは中国とともに非核化に向けた行程表を提案、将来的な多国間協議の必要性を主張している。対北朝鮮制裁も緩和すべきだとしており、朝鮮半島情勢への影響力を回復したい思惑があるとみられる。非核化問題でロシアが何らかの役割を担うことを検討している可能性がある。(共同)

関連ニュース