記事詳細

米主導「対中包囲網」にフランスも“参戦” 仏海軍フリゲート艦が台湾海峡通過で“けん制” 識者「軍は『中国の脅威』を明確に認識」 (1/3ページ)

 米中新冷戦が顕在化するなか、米軍主導の「対中包囲網」に、フランス軍も参加したようだ。今月6日、仏海軍のフリゲート艦が、台湾海峡を通過したのだ。中国はこれを受け、海軍創設70周年を記念して23日、山東省青島市沖で実施した国際観艦式にフランスを招待しなかった。フランスは南太平洋やインド洋などの島々に領土を有しており、エマニュエル・マクロン大統領は、中国の提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」にも慎重な立場を取っている。来年1月の台湾総統選も見据えて、軍事的にも中国への警戒感を示した可能性がある。

 《仏軍艦、今月6日に台湾海峡通過 中国とのあつれき増大の恐れ》

 ロイター通信は25日、複数の米当局者の話として、こう伝えた。

 「米当局者の話」という表現から、今回の動きが、中国の軍事的拡大路線への警戒感をあらわにしているドナルド・トランプ米政権と、歩調を合わせた動きであることが推察できる。

 記事によると、通過したのは、仏海軍のフリゲート艦「バンデミエール」。米当局者は、仏軍艦が台湾海峡を通過したことはこれまではなかったと認識していると述べたという。

 ロイターは「米国の同盟国の間で、中国周辺の『航行の自由』をめぐる主張が高まっている可能性があることを示唆しており、オーストラリアなど他の米同盟国も同様の行動を起こす可能性がある」と伝えた。

 フランスは、中国が自国の海と強弁する南シナ海での「航行の自由」作戦への参加を表明している。今後、戦略上の要衝である台湾をめぐっても、中国を牽制(けんせい)する行動を続ける可能性がありそうだ。

関連ニュース