記事詳細

“妄言”韓国・文議長、今度はセクハラ疑惑! 国会でもみ合い…女性議員のおなかや顔に触る (1/2ページ)

 韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長に、女性議員に対する「セクハラ騒動」が報じられた。保守系最大野党「自由韓国党」から24日、国会運営について抗議を受けた際にもみ合いになり、女性議員のおなかや顔を手で触り、抱きしめたというのだ。「天皇陛下への謝罪要求」という狂気の発言で日本国民を激怒させた文議長はこの直後、「低血糖ショック」で病院に搬送されたという。韓国国会は大丈夫なのか?

 《韓国国会、徹夜座り込み→もみ合い→セクハラ批判→ショック入院→見舞い…》(中央日報・日本語版)

 《いざこざで文議長、女性議員の顔に触れて「セクハラ」抗議受ける一幕も》(朝鮮日報・同)

 韓国の有力2紙は25日、こんな衝撃的なタイトルを掲げた。尋常ではない騒動は24日午前、国会議長室で起きた。

 自由韓国党の林利子(イム・イジャ)議員らが、野党第二党「正しい未来党」の議員が務める司法制度改革特別委員の辞任をめぐって国会議長室に乗り込んだ際、文議長ともみ合いになったという。

 文議長におなかを触られた林氏が「セクハラだ!」と強く抗議すると、文議長は「こうすればよいのか」と、今度は林氏の顔を両手で挟むように2回、触ったという。

関連ニュース