記事詳細

中国で「月欠族」登場、ネット通販急拡大で月給上回る消費も (1/2ページ)

 中国では都市部の若者よりも、地方都市の若者の消費行動がネット通販などにより際立って活発であることが分かった。中国青少年研究センターが明らかにしたところでは、地方都市の若者の70%以上が月給のすべてをその月に使い尽くすという「月光族」で、そのうちの30%以上が月給よりも支出の方が上回る「月欠族」だそうだ。全体の30%以上が「自分はクレジット消費をたくさんしており、返済の圧力が高い」と考えているという。

 中国語の「月光族」のうち、「光」は文字通りの「光」のほか、「し尽くす」という意味もあり、「月光」は「月給を遣い尽くす」という意味になる。「月欠」は「支出で月給がマイナスになる」という意味になる。中国紙「中国青年報」が報じた。

 中国ではネット通販の取引額が10年前は世界全体のネット通販総額の1%に過ぎなかったが、2016年には40%を占めるほどになり、総額も7900億ドル(約89兆円)と80倍以上に急増しているという。

 その理由の一つとして、中国ではアリババなどのIT企業がインターネットと銀行口座を結合した独自の支払いシステムを構築したことが挙げられる。そのため、ネットショッピングの急速な発達に伴って、地方でも都市部以上に、ブランド品や新しい商品を購入しやすくなっている。

NEWSポストセブン

関連ニュース