記事詳細

韓国が仕掛ける“反日”暴挙! 「元徴用工」資産売却申請も政府は責任放棄… 天皇陛下ご即位への祝電は“上から目線の説教”か (3/3ページ)

 こうした歴史的事実がありながら、文政権は「経済政策の失敗=今年1~3月期の実質GDP(国内総生産)速報値がマイナス成長に転落」や、「外交政策の失敗=米韓首脳会談で相手にされず、北朝鮮にも軽視され始めた」などをごまかすためか、「反日」に狂奔している。

 文大統領は2日、青瓦台(大統領府)での昼食会で、「日本と良い外交関係を発展させていくべきだと思う」「過去の不幸な歴史があったため、ときどき両国関係がギクシャクする」と述べたというが、自身こそが日韓関係の“最大の障害”であることを理解すべきだ。

 「令和」を傷つけるような、許しがたい「反日」言動を受けて、6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせた、日韓首脳会談の開催は絶望的になったといえる。

関連ニュース