記事詳細

【新・カジノ情報局】日本版IRのキラーコンテンツに“食のエンタメ”を! (1/2ページ)

★IRの“エンタメ力”が待ち切れない!(6)

 かつて「料理の鉄人」という人気テレビ番組があった。毎回違ったテーマ食材を使い、「鉄人」と呼ばれるトップシェフが、さまざまな調理人の挑戦を受けるという内容だ。

 人の五感をくすぐる“美食”ができあがる過程をショーアップして見せれば、誰だって完成品や勝敗の行方が気になる。“食のエンタメ”は25年以上も前から提供されていたのだ。この日本発祥のプログラムは海外に輸出され、「アイアン・シェフ・アメリカ」などの現地版を生んでいる。

 以降、“セレブリティ・シェフ”とも表現される有名シェフをフィーチャーした高級レストランが、世界的に広まるようになった。人気シェフの料理や調理パフォーマンスを呼びものに、各地からの客を集めている。

 ラスベガスのシーザーズパレスに昨年1月オープンした「ヘルズ・キッチン」は、新たなダイニング経験を作り出した。FOXチャンネルの人気料理番組に出演するカリスマシェフ、ゴードン・ラムゼイ氏を招き、番組のスタジオにいるような感覚で料理を味わえることをコンセプトにしている。

 俳優のロバート・デ・ニーロらが出資していることで知られるレストラン「NOBU」を擁するノブ・ホテルは、シーザーズと提携してラスベガスに開業、今年で7年目を迎えた。こちらのメインシェフはその名のとおり、“ノブ”こと松久信幸氏だ。いまや、レストランを切り札に、ホテルが集客アップをもくろむ時代になっている。

関連ニュース