記事詳細

安倍首相、トランプ氏と電話会談 「無条件で日朝会談」意向を正式表明

 安倍晋三首相は6日夜、北朝鮮による数発の飛翔(ひしょう)体発射を受け、トランプ米大統領と電話会談した。首相は会談後、首相公邸前で記者団に対し「朝鮮半島の完全な非核化のすみやかな実現を目指すことでトランプ氏と完全に一致した」と述べた。拉致問題に関し「条件を付けずに向き合わなければならないという考えだ」とも話し、問題解決に向け、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と無条件に会談する意向を正式に表明した。

 飛翔体に関し、首相は「今回の事案も含めトランプ氏と情勢分析し、今後の対応について綿密なすり合わせを行った」とした。ただ、飛翔体の詳細については「今後、日米の専門家同士で協力して分析していくことになる」と述べるにとどめ、具体的な言及を避けた。

 北朝鮮の非核化をめぐっては、圧力維持の必要性を主張する日米と、制裁緩和を求める中露で意見が食い違う。だが首相は「ロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席とも認識を共有している」と強調。「国際社会と連携し、朝鮮半島の非核化に積極的な役割をしていく考えだ」と述べた。(産経新聞)

関連ニュース