記事詳細

米、10日に対中関税引き上げ 「中国、約束破った」報告受けトランプ氏激怒 米中貿易戦争 (1/2ページ)

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は5日、中国からの輸入品2千億ドル(約22兆円)分に上乗せした10%の関税を、10日から25%に引き上げるとツイッターで表明した。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は6日、貿易協議で中国が構造改革の約束を「撤回した」と非難し、関税引き上げを8日にも正式発表すると明らかにした。貿易摩擦の解消を目指した米中の交渉は、瓦(が)解(かい)するか、土壇場で妥結するかの重大局面を迎えた。

 交渉責任者のライトハイザー氏は「協議は続ける」と述べ、9、10両日に中国の劉鶴副首相が率いる交渉団が訪米するとの見通しを記者団に語った。一方、中国が先週の閣僚協議で、約束していた改革の取り組みを後退させ、報告を受けたトランプ氏が関税強化を決断したとの見方を示した。ロイター通信が報じた。

 米ブルームバーグ通信によると、ライトハイザー氏が先週北京で協議した際、中国側が外国企業への技術移転強要を是正する法整備の約束を撤回。報告を受けたトランプ氏は激怒した。

 ライトハイザー氏によると、10日の午前零時過ぎに2千億ドル分への関税率を25%に上げる。

 トランプ氏は6日にも、巨額の対中貿易赤字は「これ以上、認められない」とツイッターに投稿した。同氏は5日の投稿で「中国との協議は続いているが(進展が)遅すぎる」と述べ、不満を表明した。

関連ニュース