記事詳細

【富坂聰 真・人民日報】女性より3164万人多い…中国の男性人口 高額結納圧力で「草食化」は必至!? (1/2ページ)

 少し前の話になるが、今年1月21日、国家統計局は、中国の人口が14億人に迫っていると発表した。

 正確には2018年末の段階で、人口で13億9538万人(台湾、香港、マカオを除く)になったという。昨年末からは530万人の増加である。

 人口のボリュームは相変わらずだが、昨年の出生人口は1523万人。死亡人口は、993万人で、自然増加率は3・81%だったという。

 政府としては農村から都市への人口の移動が堅調である点を強調したかったのかもしれないが、統計の中でメディアの注目を集めたのは、やはり歪な男女比であった。

 曰く、男性7億1351万人に対して、女性は6億8187万人。男女比は104・64対100で、人口の差は3164万人もあるというのだ。

 このうち適齢期の人口差がどのくらいあるのかは不明だが、1000万人くらいはいると考えられている。

 さて、これだけでも中国の男性が強いプレッシャーの中で生きていることが想像されるのだが、彼らに吹く逆風は、これにとどまらない。

 不動産価格の高騰によって、花嫁を迎える準備ができないという悩みがのしかかる。

 いまの都会では、さすがにそれほど無理な要求はなくなっているが、そもそも嫁を迎えるのに家1軒用意するのは、中国ではごく当たり前のことだった。

関連ニュース