記事詳細

JAL、自動手続きできず出発に遅れ

 8日朝、全国の空港でチェックインや搭乗手続きをする日航の旅客システムに不具合が発生した。日航便の運航に10~20分程度の遅れが出ている。復旧のめどは立っておらず、遅れが拡大する恐れがある。

 日航によるとネットワーク障害によるものとみられ、午前6時50分ごろに起きた。この影響で搭乗手続きは自動チェックインができず、各空港のカウンターでのみ受け付けているため、搭乗客の手続きに普段より時間がかかっており、出発に遅れが生じているという。