記事詳細

保育園児の列に車…2歳児2人死亡、複数の重傷者 車運転の女2人を逮捕 滋賀県大津市

 8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の交差点で、車2台の衝突事故があり、弾みで1台が信号待ちをしていた保育園児13人と保育士3人の計16人の列に突っ込んだ。園児13人と保育士2人が病院に運ばれ、大津市などによると、いずれも2歳の男児と女児が死亡したほか、複数の重傷者がいるという。幼い命が危険な運転で奪われる悲劇が再び起きた。

 滋賀県警は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで2台を運転していたいずれも同市の無職新立文子容疑者(52)と下山真子容疑者(62)を現行犯逮捕した。

 巻き込まれたのは、事故現場から南に約200メートル離れた「レイモンド淡海保育園」の園児らで、散歩中に信号待ちをしていた。大津署によると、右折しようとした乗用車が対向車線を直進してきた軽乗用車と接触し、軽乗用車が園児らをはねたとみられる。

 現場は琵琶湖に架かる近江大橋の南東で、住宅や宿泊施設が立ち並ぶ地域の信号のある交差点。通行人から「車が保育園児に突っ込んだ」と119番があった。

 当時近くにいた男性(69)によると、多くの園児や保育士が路上に倒れ、意識がなさそうな子もいた。園児らの水筒や持ち物が歩道に並べられていたという。

 現場に駆けつけた男性(51)は「交差点では軽乗用車が歩道に乗り上げ、周りに十数人の子供がいて、泣き叫んだり、ぐったりしたりしていた。血を流している子もいて、声をかけて励ましながら、救助に当たった」と当時の状況を話した。