記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】「令和」幕開け、宮内庁にもの申す! 「危機管理能力ない女子大に悠仁さまを任せてはおけん」 (1/2ページ)

 実におめでたいやないか…平成の世から無事、令和の時代の幕が上がったのである。

 上皇・上皇后両陛下がお元気のうちに皇位継承の儀式もつつがなく終わり、皇太子殿下・同妃殿下は、天皇陛下・皇后陛下に即位された。

 確かにめでたい。日本国民として、もろ手を上げて喜んだのはワシとて同じや。せやけど、浮かれてばっかではアカンやろ。よもや忘れてへんか? この度の新天皇・皇后の即位により、秋篠宮さまが皇位継承第1位に、そのご長男の悠仁さまが第2位に、第3位は83歳の常陸宮さま。その次に皇位を継承される皇族男子が、もはやおられんのである。

 その悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学の、よりによって悠仁さまのクラスの、さらによりによってご本人の机の上に凶器が置かれとったのである。

 幸いにも犯人は平成の世のうちに逮捕されたけど、分かっとんのか、宮内庁の役人は。秋篠宮さまはもちろん日本国民の心配を。悠仁さまに万が一のことでもあったら、アンタら全員がハラ切るだけでは済まんのやぞ。

 犯人は50歳過ぎて、こんな大それたことを冷静にやり、犯行の手口や逮捕後の落ち着いた態度からみても、心の病のハズもない。いやいや、宮様とはいえ、自分より弱い中学生になったばかりの少年を脅して何ら恥じないだけで十分に変態やが、警視庁は、その思想・背後関係を徹底的に洗うことや。

関連ニュース