記事詳細

大津事故 衝突まで双方ブレーキかけずと断定

 大津市の交差点で車2台が衝突、保育園児2人が死亡した事故で、現場のタイヤ痕は、衝突の際に軽乗用車のタイヤがパンクしてできたものと判明した。大津署は双方が衝突までブレーキをかけていなかったと断定。乗用車の新立(しんたて)文子容疑者(52)は「ガシャンという衝突音で初めて相手の車に気付いた」と供述しており、前方不注意の可能性が高いとみている。10日、新立容疑者を送検した。

 園児の列に突っ込んだ軽乗用車の下山真子(みちこ)さん(62)は「右折車が止まってくれなかった。とっさにハンドルを左に切ったが衝突した」と説明している。