記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】文大統領の任期満了時の朝鮮情勢が予想できない… 正恩氏との連携で韓国は信頼を完全に失った (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、就任2周年を迎えた。韓国大統領は任期5年で再選禁止である。

 文氏の両親と姉は、朝鮮戦争中の1950年12月、北朝鮮から米国の貨物船で脱北した避難民である。祖父母は北朝鮮に残された。文氏が北朝鮮問題を最優先にする背景の1つだが、他にも理由が考えられる。

 朝鮮の歴史上、14世紀末から500年余り続いた李氏朝鮮は、中華王朝の明と清から「属国」として屈辱的な扱いを受けた。民族の誇りを奪われたせいか、朝鮮では自分の不遇を責任転嫁する「恨(ハン)」の思想と、強者に媚(こ)びる「事大主義」が定着した。

 李氏朝鮮は1897年、国号を大韓帝国(以下韓国)に変更した。韓国は1910年、ロシアの植民地とならず、近代化を成し遂げるため、清とロシアに勝利したアジア最強国の大日本帝国との併合を選んだ。大東亜戦争では「朝鮮系帝国臣民」として戦ったが、米国に負けた。

 米国は、李承晩(イ・スンマン)という米国滞在歴の長い朝鮮人を傀儡(かいらい)の大統領に据えて、韓国を独立させた。この歴史的事実と向き合えないメンタルの弱い韓国人は、「大韓民国臨時政府設立100周年」などと、「建国神話」を吹聴する。

 他方、初代北朝鮮国家主席の金日成(キム・イルソン)は、「抗日戦争」で活躍した英雄とされている。また、500年来の「事大主義」を続ける韓国に対し、北朝鮮は自主独立の精神を重んじる「主体(チュチェ)思想」を前面に打ち出した。

 自国の「建国の歴史」と「事大主義」を情けないと思う韓国人にとって、北朝鮮の建国神話と主体思想は、「羨望の的」なのだ。

関連ニュース