記事詳細

【新・カジノ情報局】ベガスは家族連れで楽しめるアトラクションがズラリ! (1/2ページ)

★(7)IRのエンタメ力が待ち切れない!

 トップスターによるショーや「シルク・ドゥ・ソレイユ」、ハイレベルなマジックなどとともに、ラスベガスに多くの人を集めるようになったコンテンツが、ここでしか見ることのできないアトラクションの数々だ。

 特に89年にオープンしたカジノホテル「ザ・ミラージュ」は、それまでのアトラクションのイメージをガラッと変えた。ホテルの前庭に造られた火山が毎晩何回も火柱を上げる噴火ショーを、ストリップ大通りを歩く人たちに無料で公開したのだ。

 ド派手なショーをタダで見ることができるのだから、お得感はいっぱい。家族連れが足を止め、ショーが一段落すれば南国をテーマにしたホテルの中に吸い込まれていく…。約10年ほどは、ここがベガスの必見スポットとして君臨した。

 それに取って代わったのが、いまやベガスを紹介する写真や映像に必ず登場する、ベラージオホテル前のビッグな噴水ショーだ。

 イタリアのリゾート地・コモ湖をイメージした人造湖で、水がダンスを踊っているかのようなショーが繰り広げられる。開業は98年。以降、20年以上も、ベガスのホットスポットとして不動の人気を誇っている。2001年公開のアクション映画『オーシャンズ11』では、ここが心に残るラストシーンの舞台となった。

 噴水ショーはIRと相性がいいのかもしれない。ウィン・リゾーツはラスベガスだけでなく、マカオに進出した2つのホテルでも、人工池での美しい噴水ショーを展開している。先発は06年開業のウィン・マカオで、16年にはコタイ地区にウィン・パレスをオープン。こちらは池の周囲を回る無料のロープウエー・ライドのオマケ付きだ。

関連ニュース