記事詳細

韓流タレント「性犯罪スキャンダル」で北朝鮮国民がガッカリ (1/3ページ)

 韓国の公共放送KBSが、毎週日曜の夜に放送している人気バラエティ番組「1泊2日」。芸能人が韓国の各所を1泊2日で旅し、地元の人々と触れあう内容だ。

 だが、今年の3月7日を最後に放送されなくなってしまった。出演者の一人、歌手のチョン・ジュニョンが女性との性行為を隠し撮りし、ネット上に流すなどして逮捕されたためだ。

 この出来事が、北朝鮮にも衝撃を与えた。北朝鮮では韓流コンテンツの視聴は厳禁であり、発覚すれば拷問を受けた上に重罪に問われるが、それにもかかわらず人々は隠れて楽しむことを止めようとしない。

 (参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

 平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋は、デイリーNK記者との電話で「なぜ突然、『1泊2日』が放送されなくなったのかと気になっている人が多い」と述べた。

 この「1泊2日」、北朝鮮で最も人気のある韓国のバラエティ番組の一つだ。放送は2007年から始まったが、2010年代初頭からDVDにコピーされて北朝鮮国内で出回るようになった。その後は取り締まりを避けて、USBメモリーやSDカードにコピーされて売られるようになった。

 (参考記事:北朝鮮の少年少女が恐れる「少年院送り」…それでも止められない遊びとは

デイリーNKジャパン

関連ニュース