記事詳細

なぜ「加藤の乱」は失敗したのか 小沢一郎氏が明かす真相 (1/2ページ)

 2000年11月に政界を揺るがせた「加藤の乱」。“平成おじさん”の小渕恵三氏の後継首相が、いわゆる「5人組」(*注)の会合で森喜朗氏に決まり、不透明な経緯から支持率が低迷。宏池会(加藤派)会長でポスト小渕の最有力候補だった加藤紘一は、森後継に不満を募らせ、野党が内閣不信任案提出の構えを見せると同調して「倒閣」を宣言したのだ。

 【*注/小渕の入院後、官房長官の青木幹雄は「入院中の総理に後事を託された」と自ら首相臨時代理に就任すると、野中広務、森喜朗、亀井静香、村上正邦との5者会談で森を総裁に事実上決定した】

 加藤派(45人)と盟友の山崎拓率いる山崎派(19人)の半数でも賛成に回れば不信任案が可決する状況だったが、失敗に終わった。当時の政変劇の舞台裏を“壊し屋”の異名を取った小沢一郎氏がインタビューで明かした。

 --乱の前、あなたは加藤、山崎と連絡を取っていた。

 小沢:山崎さんとは会った。加藤さんが(倒閣と)言ったものだから、山崎さんも腹を決めて、「よし、行くか」となった。それで、山崎さんと会った時に「我々が本気で動いたら、協力してくれるか」と言うから、僕は「それはいいよ」と応じて、今度は加藤さんも含めて会おうという話になった。だけど、その後、なし。

 --採決日まで。

 小沢:「加藤は本当に腹を決めたのか」って僕は山崎さんに何度も電話した。そのたびに山崎さんは「大丈夫だ」「今度こそ大丈夫だ」と言っていたんだけど……。

NEWSポストセブン

関連ニュース