記事詳細

「BIGBANG」元メンバー、V・Iの逮捕状請求棄却

 ソウル中央地裁は14日、売春をあっせんした疑いなどが持たれている韓国の男性アイドルグループ「BIGBANG(ビッグバン)」の元メンバー、V・I(本名=イ・スンヒョン、28)に対する捜査当局の逮捕状請求を棄却した。

 同地裁は14日午前からV・Iを出頭させ、逮捕状の必要性を審査した結果、証拠隠滅の恐れは認められないなどとして棄却を決めた。

 V・Iはスーツ姿で黒いネクタイを締めて出頭したが、報道陣の問い掛けには答えなかった。数時間後に地裁を後にし、審査結果が出るまでの間、ソウルの警察署の留置場で待機した。

 韓国メディアによると、V・Iは2015年、投資会社の共同設立者とともに、訪韓した日本人事業家らに対し性的な接待をしたほか、自身が買春した疑いがある。

 V・Iは疑惑を受けて3月に芸能界引退を表明したが、容疑は否定している。V・Iが経営していたクラブをめぐっては警察との癒着が指摘され、文在寅(ムン・ジェイン)大統領みずから徹底捜査を指示したとされている。

 韓国では4月にも、元恋人と一緒に薬物を使用した疑いで、男性アイドルグループ「JYJ」の元メンバーで日本でも人気のパク・ユチョン容疑者(32)が逮捕された。