記事詳細

日本維新の会代表・松井一郎氏、丸山議員について「辞職勧告に賛成する」

 日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は15日、日本記者クラブで会見し、丸山穂高衆院議員について「国会で辞職勧告になるだろうし、われわれも賛成する。本人がことの重大性に気付いて潔く身を引くべきだ」と重ねて辞職を促した。

 会見は、政調会長の吉村洋文大阪府知事も同席。大阪市を廃止し特別区を設置する「大阪都構想」をめぐって、吉村氏は「東の東京都、西の大阪都で日本の成長をけん引したい」と述べ、都構想の実現にあらためて意欲を示した。

 また「油断すると役所は府と市がばらばらの方向に進もうとする。(知事・市長の)人間関係に頼ることなく意思決定できる仕組みをつくっていく」と都構想の意義を強調した。