記事詳細

「戦争発言」丸山議員が逆ギレ“反撃宣言” 「過去の他議員不祥事も世に問いかける」

 北方領土を戦争で取り返すことの是非について、酒に酔って元島民に何度も質問し、日本維新の会から除名処分を受けた丸山穂高衆院議員が逆ギレし“反撃”を宣言した。自身のツイッターで15日、立憲民主党などの主要野党が検討している辞職勧告決議案を断固拒否し、他議員の不祥事を改めて問題視する姿勢を示したのだ。

 丸山氏はまず、「憲政史上例を見ない、言論府が自らの首を絞める辞職勧告決議案かと。提出され審議されるなら、こちらも相応の反論や弁明を行います」と明言。

 そのうえで、「与野党の議場で不問になっている過去の他議員不祥事、(中略)維新も含めた各会派の問題点も同時にこの機に世に問いかける」と反撃開始を宣言した。

 確かに、議員辞職に匹敵するような不祥事を起こしながら、議員バッジにしがみついている議員は複数いそうだ。

 こうしたなか、維新代表の松井一郎大阪市長は15日、日本記者クラブの会見で、丸山氏に議員辞職を促した。党も同日の役員会で、主要野党から辞職勧告決議案が提出されれば、賛成する方針を確認した。

関連ニュース