記事詳細

維新・松井代表が北海道訪れ謝罪意向、丸山議員問題で

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は16日、戦争による北方領土返還を元島民に質問したとして、党を除名処分とした丸山穂高衆院議員の辞職勧告決議案について、「立憲民主党と共同提案という形をとりたい」と述べた。市役所で記者団の取材に答えた。

 また、「政党として本当に申し訳なく思う」として近く北海道を訪問し、交流訪問団の団長に直接謝罪をしたい意向も示した。

(産経新聞)