記事詳細

「女性にAED」はセクハラ? 高校生ら対象の調査で男女格差、パッド装着時に抵抗感か (1/2ページ)

 突然の心停止時の救命に用いられる自動体外式除細動器(AED)をめぐり、高校生らを対象とした調査で、女子が男子に比べてAEDによる措置を受けた割合が低いというショッキングな調査結果が出た。女性への処置の際に体に触れたり服を脱がせたりする行為が「セクハラやわいせつ行為になりかねない」との議論があり、使用を躊躇(ちゅうちょ)しているとの見方もある。一刻を争う救命の現場でセクハラになる恐れがあるのだろうか。

 AEDは、突然の心停止が起きた場合、2枚の電極パッドを胸部の右上と左下に貼り、効果的に電気ショックを与えたり、やけどなどを避けたりするうえでも上半身の衣服などを取り除き、胸をはだける必要があるとされる。

 厚労省医政局地域医療計画課によると、AEDの設置台数は、2017年末時点で全国で推定約52万台にのぼる。

 京大、阪大、大妻女子大などの研究グループは08年4月~15年末までの期間、学校内で非外傷性の心停止を起こした小中高・高専生232人を対象に、周囲の人から、どれほどの割合の傷病者が胸部圧迫やAEDパッドを装着するなど救命処置を受けたかを調査した。

 調査によると、心肺蘇生(そせい)全体では、男女比に大きな比率の差はなかった。だが、このうちAEDパッドの装着についてみると、小中学生では男女間に大差はみられなかったが、高校生と高専生では男性が83・2%だったのに対し、女性が55・6%と低かった。年齢が高くなるほど、男女格差が出てくることが分かる。

関連ニュース