記事詳細

米朝会談決裂で粛清!? 北の交渉担当・金革哲代表が処刑か

 2月末の米朝首脳会談が決裂した責任を問われ、北朝鮮で「粛清」が行われたとの情報が流れた。事前交渉に当たった金革哲(キム・ヒョクチョル)米国担当特別代表ら5人が処刑されたと、31日付の朝鮮日報が報じた。北朝鮮消息筋の情報としているが、真偽は不明。

 同紙によると、金革哲氏は米国の「スパイ」と判断され、3月に外務省の幹部4人とともに調査を受けた後、平壌郊外の美林(ミリム)飛行場で処刑されたとしている。

 処分対象は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の側近や肉親にまで及んだ。

 妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は謹慎処分、側近の1人として知られる金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長は統一戦線部長の職を解任され、北部の慈江道(チャガンド)で強制労働中とされる。

 日本の北村滋内閣情報官との極秘接触が伝えられた金聖恵(キム・ソンヘ)統一戦線策略室長や、米朝首脳会談での正恩氏の通訳は政治犯収容所に送られたという。

関連ニュース