記事詳細

訪日した韓国議員団、日本側の“怒り”に驚き「こんな冷遇は初めて…」 識者「日本に面会するメリットない。すべて韓国側がまいた種だ」 (1/3ページ)

 韓国は、自国の置かれた立場を理解しているのか。国会議員団が28、29日と訪日したが、「こんな冷遇は初めて」「(日韓関係は)深刻な状況だ」と驚いたというのだ。韓国国会議長による「天皇陛下への謝罪要求」や、いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決など、相次ぐ「反日」暴挙を受け、日本人の対韓感情は史上最悪といえる。米中貿易戦争が激化するなか、韓国の「中国寄り」とも思える姿勢に、米国も怒りをためている。こうしたなか、日本政府は6月1日から、韓国から輸入するヒラメのモニタリング検査を強化する。韓国による日本産水産物の輸入規制への、事実上の対抗措置といえそうだ。

 「『韓国バッシング』が深刻 訪日の野党議員」(聯合ニュース・日本語版)

 「韓国議員団、日本で韓日関係悪化を実感『これほどの冷遇は初めて』」(朝鮮日報・日本語版)

 韓国主要メディアは29日、こんな見出しの記事を報じた。

 韓国国会外交統一委員会の尹相現(ユン・サンヒョン)委員長(最大野党・自由韓国党)は29日、東京都内のレストランで、韓国人の特派員らと懇談した。そこで、日本の冷遇ぶりに衝撃を受けた様子を語ったという。

 尹氏は日韓両国の関係改善のため、同僚議員5人で28日に来日した。だが、そこに待っていたのは、日本側の「怒り」だった。

関連ニュース