記事詳細

安倍首相7月に「電撃訪朝」か トランプ氏に背中を押される (1/3ページ)

 安倍首相が7月に電撃訪朝する--。トランプ米大統領の帰国後、政府内でそんな見方が急浮上している。

 トランプ氏が滞在した3泊4日の間、日本政府の怒濤の接待攻勢は、海外メディアを「トランプ氏との付き合い方の手本を世界に示してきた」(AFP通信)と驚かせた。ゴルフや大相撲での大統領杯授与、2日にわたって首相が大統領と炉端焼きなど朝昼晩三度の食事を一緒にするというもてなしだけではない。

 トランプ氏は安倍首相とともに米国大統領として初めて海上自衛隊の護衛艦「かが」に乗り込み、自衛隊員と米軍兵士を前に演説した。「かが」は米国から購入するF35B戦闘機を搭載可能な空母への改修が予定されている最新鋭艦だ。

 「日本は同盟国でも最大規模のF35戦闘機群を持つことになる。この護衛艦は最新鋭の航空機を搭載できるようアップグレードされる」

 まさに日米軍事同盟強化のシンボルだとアピールしたのだ。

 ◆トランプが悪口を“言わない”2人

 さらに見落とせないのは、トランプ氏が過密日程の中で拉致被害者家族15人と迎賓館で面会し、横田めぐみさんの母・早紀江さんに、「(めぐみさんと)きっと会えるよ」と語ったことだ。

 その直後に行なわれた共同記者会見で首脳2人は息の合ったところを見せた。

NEWSポストセブン

関連ニュース