記事詳細

丸山穂高氏に糾弾決議案 与野党が共同提出、6日可決へ

 自民党や立憲民主党など与野党各党派は5日午前、北方領土へのビザなし交流訪問の際、戦争で取り返すことの是非に言及したり、「女を買いたい」などと人間性を疑わせる暴言をした丸山穂高衆院議員=写真、日本維新の会を除名=に対する糾弾決議案を衆院に共同提出した。議員としての進退判断を迫る内容。決議案は6日の衆院本会議で可決される見通しだ。

 衆参両院の事務局によると、国会議員に対する糾弾決議案の提出は初めて。すでに提出されていた与党のけん責決議案と野党6党派の議員辞職勧告決議案は取り下げた。

関連ニュース