記事詳細

丸山穂高氏の糾弾決議案可決 丸山氏は辞職に否定的

 衆院は6日午後の本会議で、北方領土へのビザなし交流訪問の際、戦争で取り返すことの是非に言及したり、「女を買いたい」などと人間性を疑わせる暴言をした丸山穂高衆院議員=日本維新の会を除名=に対する糾弾決議案を可決した。「国会議員の資格はないと断ぜざるを得ない」と非難し「直ちに、自ら進退について判断するよう促す」とした。衆参両院事務局によると、国会議員への糾弾決議案の採決、可決は初めて。

 丸山氏の今後の対応が焦点となる。同氏は3日に出した弁明文書で「最終的には選挙での有権者の判断によるものだ」と主張しており、辞職に否定的な姿勢を示している。可決されても法的拘束力はない。

 決議案は、丸山氏に対し「憲法の平和主義に反する発言をはじめ、議員としてあるまじき数々の暴言を繰り返した」などと批判。「国益を大きく損ない、衆院の権威と品位を著しく失墜させた」と強調した。