記事詳細

「日本はロシアの懸念に配慮せよ」プーチン大統領、日露平和条約は「難しい」 

 やはり信用ならない国だ。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、同国北西部のサンクトペテルブルクで各国の主要通信社と会見し、日米の軍事協力を理由に、日露平和条約締結が「困難」との見通しを示したのだ。旧ソ連は第二次大戦の終戦直前、日ソ中立条約を一方的に破って対日参戦し、北方領土を占拠した。プーチン氏も自国の主張を強硬に押し通そうとしており、北方領土返還に向けて、明るい兆しは見られない。

 「日本の国防権は理解するが、ロシアは懸念せざるを得ない」「日本がロシアの懸念に配慮することが条約締結の前提だ」

 インタファクス通信などによると、プーチン氏はこう述べた。

 沖縄での米軍飛行場建設や、地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の日本への配備計画などに言及し、平和条約締結に伴う返還後の北方領土への米軍配備を念頭に「これらと同じことがロシアの安全保障に関わる地域で起きたらどうなるのか」と指摘したという。

 日本政府は「安倍晋三首相とプーチン氏は日露間に平和条約がないのは不自然だという認識で一致している。条約交渉を加速させる方針は変わらない」(首相周辺)との立場だ。だが、プーチン氏やセルゲイ・ラブロフ外相は、日米安保条約が条約の障害となっており、返還後の島に米軍が配備されない保証が必要だとする認識を示す。

 外務省幹部は「ロシア側の発信の一つ一つに反応しても仕方ない」と強調するが、本当に大丈夫なのか。

関連ニュース