記事詳細

参院決算委、「老後2千万円」めぐり論戦

 参院決算委員会は10日午後、安倍晋三首相と全閣僚が出席し、2017年度決算に関する締めくくり総括質疑を行う。野党は、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書をめぐって論戦。「密約」と批判する日米貿易交渉も取り上げる。

 決算委では、自民党の礒崎陽輔氏が、中小企業の賃上げ支援に関する安倍首相の見解を問う。同党の二之湯武史氏は、アベノミクスの成果と課題について説明を求める。

 立憲民主党の蓮舫氏は、老後資金問題をめぐり、安倍首相、麻生太郎副総理兼金融担当相を追及。景気動向を踏まえ、消費税増税の方針も確認する。