記事詳細

北朝鮮「瀬取り」79回 米が安保理に通告

 米国の国連代表部は、北朝鮮が海上で積み荷を移し替える「瀬取り」による石油精製品の輸入を今年も繰り返しているとの11日付の文書を安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に提出した。安保理外交筋が12日明らかにした。ロイター通信によると瀬取りは79回に及ぶ。

 外交筋によると、文書は安保理の制裁決議が定める年間上限50万バレルの供給制限が破られたと指摘した。文書は20カ国以上の連名。

 各国は北朝鮮への石油精製品供給量を30日ごとに制裁委に報告する義務がある。過去2年間で北朝鮮に合法的に石油精製品を供給し、報告したのはロシアと中国のみ。両国は制裁緩和を主張している。

 文書は「石油精製品の輸入制限は、北朝鮮の非核化達成に向けて圧力を維持するために重要だ」として、供給を直ちに停止するよう加盟国に要求することを制裁委に求めた。(共同)

関連ニュース