記事詳細

女医殺害事件、山形大生の靴に血液付着も「覚えていない」

 山形県東根市の医師、矢口智恵美さん(50)が自宅マンションで殺害された事件で、殺人などの疑いで逮捕された山形大4年、加藤紘貴容疑者(23)の靴に血液が付着し、矢口さんのDNA型が検出されたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。加藤容疑者が「覚えていない」と否認していることも判明した。靴は自宅近くに捨てていた。

 矢口さんの部屋に鍵が掛かっていなかったことも分かった。2人の間に面識は確認されておらず、無施錠だった部屋に侵入した可能性がある。