記事詳細

鳩山元首相に謝ってもねぇ…「天皇陛下に謝罪要求」の文議長がやっと謝罪

 韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、やっと謝罪した。「天皇陛下(現上皇さま)への謝罪要求」という常軌を逸した言動について、「心を痛めた方たちに申し訳ないと伝える」と述べたという。ただ、伝達した相手は、よりによって「史上最低の宰相」と呼ばれ、「超親韓派」といえる鳩山由紀夫元首相だった。日本国民の感情を考えると、効果半減というところか。

 韓国国会の発表によると、文氏はソウルでの昼食会で、鳩山氏から「韓国人の立場では納得できるが、日本人たちは天皇まで出したのを失礼だと思うだろう」などと指摘され、「全面的に共感する」と応じ、謝罪の意を示したという。

 文氏は今年2月、米ブルームバーグ通信のインタビューで、昭和天皇を「戦争犯罪者」だと、事実誤認も甚だしい無礼な発言をし、上皇さまを「戦争犯罪の主犯の息子」などと暴言を吐いた。

 日本側の抗議と発言の撤回要求にも、文氏は当初、「私に謝罪しろとは何事か! 盗っ人たけだけしい」と反論していた。

関連ニュース