記事詳細

香港“流血デモ”制圧に中国マフィアが介入か!? 丸刈り、入れ墨男が警官にまぎれ… 揺らぐ「自由・民主主義・人権」 (1/2ページ)

 香港で12日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求める学生らを警官隊が制圧した際、「黒道(コクドー)」と呼ばれる中国マフィアが介入したという衝撃情報がある。突出した残虐性と凶暴性で恐れられる黒社会の面々が学生らに襲いかかり、多数の負傷者を出したとの指摘もある。「自由」と「法の支配」が守られてきた国際金融都市・香港は、中国共産党の独裁強権と、黒社会の暴力性によって、危機的状況を迎えているのか。

 「おい、あいつらは『黒道』だ。逃げろ!」

 香港の立法会(議会)を取り囲み、「自由」や「高度な自治」を守るためにバリケードを張っていた数万人の学生らを、警官隊は多数の催涙弾やゴム弾を使用して強制排除した。この混乱の最中、一部のデモ隊の前に突然、丸刈りだったり、入れ墨を入れた男たちが、似合わない警察官の制服を着て現れたという。

 「黒道」とは、中国の犯罪組織やマフィアを指す言葉だ。日本にも一部上陸しており、ヤクザよりはるかに残虐で凶暴とされる。法律の枠外にある黒社会のメンバーが、デモ隊の制圧に介入していたとすれば恐るべき話である。

 この衝撃情報は、香港に現地法人を持つ日本人経営者に、現地社員から「国際社会にこの横暴を伝えてほしい」と通報があったものだ。

 中国事情に精通する評論家の宮崎正弘氏は「それは『黒道』の可能性が高いだろう。2014年に、学生らが民主選挙の実現を訴えた『雨傘革命』でも、かなり暴れ回った。反日暴動でも、黒い服にサングラス姿で出現した。『共産党側の別動隊ではないか』という噂もある」と語った。

関連ニュース