記事詳細

慰安婦映画を“出演者”が提訴 ケント・ギルバート氏ら5人、著作権侵害など訴え

 4月から公開されている慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画「主戦場」に無断でインタビュー映像を使用され、著作権を侵害されたなどとして、教育研究者の藤岡信勝氏や、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏ら5人が19日、出崎幹根(みきね)監督や配給会社「東風」に、上映差し止めと計1300万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に提起した。

 訴状などによると、藤岡氏らは、出崎氏から「大学院の卒業作品の制作目的」としてインタビューを依頼され撮影に応じたのに、商業映画として一般公開されたと主張。内容も中立的でなく撮影時の合意に違反するとしている。

 出崎氏と東風は「訴状を拝読した上で適切に対応する」などとするコメントを出した。

関連ニュース