記事詳細

元巨人ドラ1の実質経営者を逮捕 東郷証券、損失補填疑いで

 東郷証券が、複数の顧客に対し外国為替証拠金取引(FX)で生じた損失を補填(ほてん)したとして、東京地検特捜部は20日、金融商品取引法違反容疑で実質経営者の林泰宏容疑者(58)ら4人を逮捕した。林容疑者はドラフト1位で巨人に入団した元プロ野球選手。

 逮捕容疑は、2016年7月~19年1月、顧客8人の損失計約6900万円を穴埋めした疑い。業務を外部委託したように装って捻出した資金を使ったとみられる。

 林容疑者は兵庫県尼崎市立尼崎高校出身で1980年にドラフト1位で巨人に入団。1軍登板を経験することなく近鉄、大洋(現DeNA)と移籍し、肩を壊して85年に引退した。

 その後、先物取引大手の営業社員として経験を積み、2005年に「入や萬成証券」社長に就任し、話題となった。

 東郷証券元社員によると、「会長」と呼ばれる林容疑者は月に1、2度会社を訪れ、社員に「売り上げを伸ばせ」と怒鳴ることもあったという。元社員は「支店との電話で『馬鹿野郎』と叫び、受話器を壊した。怖い人だった」と振り返った。