記事詳細

野党4会派、安倍首相問責決議案を提出 麻生氏問責案を否決 参院

 参院は21日午前、本会議を開いた。老後に夫婦で2000万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会報告書の受け取り拒否をめぐり、野党が提出した麻生太郎財務相兼金融担当相の問責決議案について、与党などの反対多数で否決した。夏の参院選を前に、国会最終盤の与野党攻防が展開された。

 問責案は立憲民主、国民民主、共産、沖縄の風の野党4会派が提出。「自ら諮問した報告書を受け取らないのは前代未聞の暴挙だ」と麻生氏を批判した。

 菅義偉官房長官は記者会見で、「暴挙」との野党側の批判は当たらないとの認識を強調したが、野党は、老後資金問題などについては安倍晋三首相にも責任があるとしている。

 立民、国民など4会派は21日、安倍晋三首相に対する問責決議案を参院に提出した。首相問責案の採決は週明けとみられている。