記事詳細

【スクープ最前線】米、G20後に「イラン攻撃」決断か!? トランプ氏「シンゾーの意見が聞きたい」 韓国は日韓首脳会談“哀願” (1/3ページ)

 大阪で28、29日に開催されるG20(20カ国・地域)首脳会合に、世界中が注目している。米中貿易戦争が激化するなか、ドナルド・トランプ米大統領と、中国の習近平国家主席の会談次第で、世界経済の減速リスクは高まる。米国とイランが一触即発の中東情勢も重要課題だ。議長国・日本に世界の期待が集まるなか、イランの「核・ミサイル開発」への関与が指摘される北朝鮮と、後ろ盾といえる中国やロシアの存在とは。世界で孤立化し、「立ち話でも日韓首脳会談を」と哀願する韓国。G20直前の最新情報に、ジャーナリストの加賀孝英氏が迫った。

 「(世界各国の)意見の対立が激しくなっているが、令和は『ビューティフル・ハーモニー』だ。G20がしっかり結束しつつ、世界を良くしていく方向に進んでいくメッセージを発信したい。議長としての責任を果していきたい」

 安倍晋三首相は21日、インターネット番組「言論テレビ」に出演し、こう決意を語った。

 注目のG20は、大阪市の人工島・咲洲(さきしま)の国際展示場「インテックス大阪」で開催される。G20をはじめ、37の国・地域や国際機関も参加し、日本が主催する国際会議としては史上最大規模だ。

 外務省関係者は「世界経済の行方など、問題は山積している。安倍首相は15カ国以上の個別会談を入れ、分刻みで動き、問題解決に全精力を傾ける」という。

 だが、ここにきて、超ド級の爆弾が破裂した。米国とイランの問題だ。両国は今、軍事衝突寸前だ。危機的状況だ。

 トランプ氏は21日、以下の衝撃的事実をツイッターなどで明かした。

 《20日早朝、イランの精鋭部隊「革命防衛隊」に、米軍の無人偵察機「グローバルホーク」が撃墜された。その報復として20日夜、イラン3カ所への軍事攻撃を承認した。だが、攻撃10分前、イラン側に150人の死者がでると聞き、中止した》

 米イ戦争は勃発寸前だった。

 驚愕情報がある。以下、米情報当局関係者から入手した情報だ。

関連ニュース