記事詳細

【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】中国共産党を礼賛する不思議な議論 日本のデモと香港民主派の宣伝活動は違う! (1/2ページ)

★(4)

 いよいよ、今週末はG20(20カ国・地域)首脳会合です。私も大阪へ出張し、金曜日(28日)のニッポン放送「飯田浩司のOK!COZY UP!」(朝6-8時)は現地からお送りします。

 そのG20首脳会合で、提起されそうな議題の1つが香港での大規模デモです。中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対するもので、マイク・ポンペオ米国務長官が明言しました。

 さて、この大規模デモについて、日本国内ではとても不思議な議論が行われています。

 一部のメディアや個人が盛んに「中国共産党は、香港の民意を受けて『逃亡犯条例』改正案を事実上撤回したが、日本政府はデモや住民投票の民意を一顧だにしない」と主張しています。「どちらが民主社会なのか!」と批判する向きもあります。

 ちょっと待ってほしいんですよね。デモで政策を変えようとするという意味では、香港と日本の反対運動は同じかもしれませんが、中身はまったく違います。

 香港の民主派はデモだけでなく、海外に向けて、さまざまな宣伝・工作活動を行っていました。

 日本には5年前の「雨傘革命」の中心人物だった周庭(アグネス・チョウ)さんが来て、記者会見やシンポジウム、デモで世論喚起しました。

 米ホワイトハウスの請願サイトでは、改正案に関係した中国人・香港人の「ビザ・居住権の剥奪」を訴えました。この請願は30日以内に10万人の署名を集めると、ホワイトハウスは検討して、60日以内に回答しなくてはなりません。

関連ニュース