記事詳細

「2050年文明崩壊説」ともっと怖い“近未来” 気候変動&人口増加で「食料戦争」勃発!「今と同様の生活は維持できない」 (1/3ページ)

 「2050年までに人類文明が崩壊の危機に直面する」と予測したシンクタンクのリポートが波紋を広げている。世界の人口の半分以上が命の危機にさらされ、10億人が故郷を追われるという暗黒の未来が30年後に訪れるというのだ。専門家は、気温上昇など根拠となるデータに疑問を呈するものの、安心していいわけではできないという。別の理由で近い将来、人類最大の危機に見舞われると警鐘を鳴らしている。

 リポートを公開したのはオーストラリアの独立系シンクタンク「ブレークスルー」。2050年までに温暖化などの気候変動によって、自然環境や人類文明に悪影響を及ぼすシナリオを分析した。

 リポートでは、50年までに平均気温が現在との比較で3度以上の上昇となると予測する。1・5度上昇しただけで西南極(南極大陸の西半球部分)が溶け出し、2度上昇すればグリーンランドの氷床が溶け始める。さらには2・5度上昇した場合、永久凍土も融解すると分析している。

 南米のアマゾンでは、干魃(かんばつ)が発生し、木が立ち枯れる。そして北半球の上空を流れる偏西風の不安定化などがアジアや西アフリカなどの季節風に影響し、北米でも野火や熱波などに見舞われるという。

 その結果、陸地の35%、全人口の55%が年間20日以上、生存に関わる熱状態に襲われるうえ、食料生産量が減少し、水不足も発生する。海面上昇の影響によって、10億人以上が他の地域への移動を強いられると予測。「このシナリオは、人類と自然との関係性に恒久的な変動を誘発するだろう」と締めくくられている。

関連ニュース