記事詳細

市井紗耶香さん立憲民主党から立候補 後藤真希の弟と付き合い秒速で別れ、ハッピーサイエンスな雑誌の表紙を飾る「迷走っぷり」 (1/2ページ)

 モーニング娘。の元メンバー、市井紗耶香さんが次回の参議院選挙に立憲民主党から比例で立候補すると報じられました。市井さんは憧れの議員として同党の蓮舫参院議員の名前を挙げているようです。

 関連記事:腹に「Life is Water」のタトゥー 元モー娘。市井紗耶香が立憲民主党から参院選出馬表明で古株モーヲタからも「やれやれ…」の声

 報道を聞いた私自身の率直な感想を簡潔に言うと

 「あ、この人は迷走をしている!」

 でした。市井さんに対してこのような感想を抱くのは実は初めてのことではありません。

 『LOVEマシーン』等のヒット曲を立て続けにリリースしモーニング娘。の人気が絶頂だった頃、確か私は小学生の高学年だったと思います。私自身は当時、モーニング娘。には全く興味がなく市井さんのことも知りませんでした。

 私が市井紗耶香という女性を知ったのはモーニング娘。絶頂期から数年後のことです。そのきっかけはゴマキ弟こと後藤裕樹さん著『懺悔』でした。

 著書の中で市井さんは、ゴマキ弟と付き合い始めるもあっという間に事務所にバレて即別れさせられた女として登場します。

 弟くんは市井さんと別れた後、「おっととっと夏だぜ!」等と歌いながら工事現場に侵入し銅線を盗み、塀の向こう側へEE JUMPして行ったことは周知のことかと思われます。

 関連記事:血の繋がった弟の犯罪にも何一つ言わず黙って退路を断った女 『後藤真希の哲学』

 『懺悔』読了後、すぐさま市井さんの存在は私の脳内から消え去りましたが2018年3月、思わぬ形で再び彼女を目にしました。

TABLO

関連ニュース