記事詳細

【親も知らない今どき入試】「首都圏からの合格者占有率」ランク 広がる定員厳格化…失われる“多様性”に大学も危機感 (1/2ページ)

 今週は首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)の主要大学で、地元の首都圏からの合格者占有率が、この10年で上がっている大学ランクを紹介したい。

 トップは一橋大の22・5ポイントアップ。10年前の48・2%から70・7%にまで上がった。一橋大は難関大だが、首都圏ローカル化が進んでいる。次いで横浜国立大の18・9ポイントアップで、3位は早稲田大、4位は慶応義塾大、法政大、東大の3校だった。表中、首都圏の割合が7割超の大学が半数を占める。私立大では中央大を除く4校が該当する。

 塾講師は「地方創生の目的で始まった、入学者数を絞る定員の厳格化の影響もあって、地方からの受験生が減っているように見えますが、それ以上に地方の受験生の大都市圏の大学の敬遠の動きが顕著です。

 経済的な問題もありますが、定員の厳格化によって首都圏の大学が難化し過ぎたこともあり、受験しても受からないとの考えがあるようです。もともと親も東京など大都市の大学に進学させて、そのまま就職し、地元に戻ってこないことを嫌っており、子供を手元に置いておきたいのです。子供にとっても、親元から通学する方が楽との考えもあるようです。その結果、特に大手私立大で首都圏ローカル化が進んでいるのでしょう」という。

関連ニュース