記事詳細

山本太郎氏から夕刊フジに独占メッセージ 「れいわ新選組」候補者に東大教授・安冨歩氏を擁立

 山本太郎代表率いる政治団体「れいわ新選組」は27日、都内の事務所で会見し、夏の参院選への新たな候補者として、東京大学東洋文化研究所教授の安冨歩氏(56)の擁立を発表した。4月に設立されたばかりの同党だが、寄付金は2億円を超え、10人以上の候補者を擁立予定という。

 「消費税廃止」「公務員を増やす」など、独自の政策を訴える山本氏が「現代社会の“生きづらさ”を突破できる人だ」と太鼓判を押した安冨氏は「女性装の教授」として知られる。

 選挙区と比例のどちらから出馬するかについて、山本氏は「最後まで引っ張らないと面白くないでしょ」と明かさなかった。

 会見終了後、記者が直撃して意気込みを求めると、「そうか、夕刊フジだけ(への意気込み)か…」と数秒考えた後、「世の中の景気回復に向けて、消費税ゼロを目指し頑張ります。景気が良くなれば夕刊フジさんの購読者も増えるかもしれませんもんね!」と笑って答えた。

関連ニュース