記事詳細

九州豪雨、災害もたらした「線状降水帯」

 災害級の豪雨が九州南部を襲っている。1日は鹿児島市で土砂崩れに巻き込まれて生き埋めになった女性が死亡した。梅雨前線は5日ごろにかけて西日本から東日本に停滞し、大雨となる恐れがある。気象庁は引き続き土砂災害や浸水、川の氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 大量の水蒸気を含む空気が南から流れ込み、大気の状態が非常に不安定になった。積乱雲が連続発生して同じ場所に激しい雨が降り続ける「線状降水帯」も形成された。

 3日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で九州南部150ミリ、九州北部100ミリ、四国80ミリ。その後の24時間は九州北部300~400ミリ、九州南部200~300ミリ、四国100~200ミリが見込まれている。

関連ニュース