記事詳細

韓国、日本の輸出規制強化に改めて撤回要求 「必要な対応措置取っていく」

 日本政府が半導体などの製造に必要な材料3品目で韓国向けの輸出規制強化を発表したことについて、韓国外務省報道官は2日の定例記者会見で「両国関係に否定的な影響を与える」として改めて深刻な憂慮を表明し、日本側に撤回を要求した。

 また「国際法と国内法に基づいて必要な対応措置を取っていく」と強調した。

 成允模・産業通商資源相は1日、世界貿易機関(WTO)への提訴を検討していることを明らかにしたが、韓国メディアからはそれほど効果がないとの見方が出ている。

 韓国紙、中央日報は「(日本が韓国に)これまで与えてきた恩恵を提供しないということを違反というのは無理がある」との専門家の意見を伝え、勝訴できるかどうかは確実でないと指摘。

 さらに提訴から判断が出るまで長期間かかり「3カ月ほど過ぎると韓国企業の部品調達が難しくなるため(効果は)懐疑的だ」と報じた。 (共同)

関連ニュース