記事詳細

「プラごみは燃やせ」は暴論か正論か 中部大・武田特任教授が提唱、東京23区は「可燃」分別で実践 (1/2ページ)

 レジ袋有料化や飲食店でのプラスチックストロー廃止など、環境対策としてプラスチックごみを減らす取り組みが相次いでいる。こうした風潮に「レジ袋もストローも燃やせばいい」と異論を唱えるのが、中部大学総合工学研究所の武田邦彦特任教授だ。東京都内ではプラごみを可燃ごみとして燃やしている現実もある。世界の潮流とは真逆にもみえるが、暴論か正論か。

 大阪で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会合では、プラごみの海洋流出を2050年までにゼロにするビジョンで合意した。

 コンビニ大手のミニストップは千葉県内の2店舗でレジ袋を有料販売する実験を開始した。海洋汚染の原因とされるプラごみの削減が狙いだという。コンビニ大手のセブン-イレブン・ジャパンも2030年に向けてレジ袋を紙製に変更するほか、ファミリーマートやローソンも今後、環境に配慮した取り組みを加速させる。

 日本はこれまでリサイクルしきれないプラごみを輸出してきたが、有害廃棄物の国際的な移動を規制するバーゼル条約の締約国会議が今年5月、汚れたプラごみを規制対象に加える改正案を採択した。

 レジ袋やストローを含むプラごみが目の敵にされている状況だが、武田教授はこう言い切る。

関連ニュース