記事詳細

【編集局から】「屋内全面禁煙」施策の乱暴さ…喫煙者と“共生”の視点を

 息苦しさを感じる施策がまた、実行に移されました。今月1日から、学校や病院、行政機関の庁舎などの屋内が全面禁煙になったのです。

 9月のラグビーワールドカップ(W杯)に間に合わせるため、改正健康増進法が一部先んじて施行されたのですが、来年には対象が広がります。

 改正された健康増進法は、「望まない受動喫煙」をなくすことを基本的考えとしています。ノンスモーカーの人にとって、煙を吸わされるのは確かにたまったものではないでしょう。

 だからといって、屋内全面禁煙という施策には乱暴さを感じています。会社などにある喫煙室では、煙がなるべく漏れないような対策が取られています。そこで吸っていたスモーカーは行き場を失うしかありません。

 心配なのは、“オアシス”を奪われた一部のスモーカーの暴走です。屋内喫煙が禁止されている国に出張した際、路上に捨てられている吸い殻の多さに驚いたことがあります。日本も同じ道をたどる恐れがあります。

 「共生」という言葉が近年、よく聞かれます。厚生労働省も、スモーカーとの「共生」という視点から、政策を考えてはもらえないものでしょうか。(報道部・森本昌彦)